年配者の社員教育の仕方にがっかり。。その人を信頼できますか?

ジェネレーションギャップ

育った環境や時代が異なれば、どうしてもジェネレーションギャップが生じてしまいます。それを理解して世代間でコミュニケーションできれば良いのですが、理解できなければ軋轢が生じることになります。
例えば昔の運動部は水を飲むことを許されず、叩いて蹴られるという過酷な環境でした。しかし現代では、このような行動は社会的に大きな問題となり刑事事件に発展することがあります。それなのにも関わらず、年配者が昔の考え方で接してくると若者は戸惑ってしまいます。明らかに間違っていることを無理矢理押し付けられても、納得するどころか反発するようになるので逆効果です。全ての人の価値観は異なるので、価値観の押し付けは嫌われるだけです。

従うしかないという現実

もし、昔ながらの不適切な社員教育であっても、それに反発して放棄すれば解雇になるだけです。解雇を回避できたとしても、その上司からは確実に嫌われてまともにコミュニケーションできなくなります。この場合は、全てを受け止めてポジティブに考えることで自身を成長させることができます。社会は残念ながら理不尽なことが多いので、社員教育の段階で理不尽な経験をしておくといざという時に役立ちます。精神的に折れない心を作ることができれば、長く社会で活躍できます。
ただ、教育と見せかけた暴力を振るわれたり、出血するなどの事態となれば黙っている訳にはいきません。言葉でも、毎日暴言を吐かれているとネガティブな精神状態になってくるので注意が必要です。