10年後を見据えられる新生社会人に魅力ある社員教育方針とはなに!?

新社会人に必要なスキル

新入社員には、自信を持たせることが必要です。その自信が実際の行動を変えてゆくのです。
自信を持たせるためには、社会で通用するための、基本的な5つのスキルが必要です。
一つ目は積極的な行動力を身につけさせることで、忍耐力を身につけさせ失敗を恐れず困難な仕事も率先的に取り組む姿勢を身につけさせます。
二つ目は社会人としての正しい礼儀作法です。三つ目には、自分が理解するまでヒアリングし、自分の考えを相手にわかりやすく説明するコミュニケーション能力です。四つ目としては、自主性を持たせること。自分自身で自主的に考え、行動する習慣を身につけさせることです。最後に、社会人としての基本的なビジネススキルを身につけさせることです。「報告・連絡・相談」などの社会人として基本的なスキルを身につける必要があります。

魅力ある教育方針とは?!

新入社員を教育するのは、教育する側も教育される側も大きな負担になるものです。
魅力ある教育を行うためには、教育する側も「自分も一緒に成長する」という意識を持つことが大切でしょう。新入社員を教えることで自分自身の業務を見つめ直す良い機会なのです。その中で、自分の仕事の面白さを発見して新入社員に教えてゆけば良いのではないでしょうか。
また、指導する際には具体的なやり方を支持することが大切です。正しい方法を示して見せた方が、指導にかかる時間も少なくなるでしょう。
さらには、OJTなどで業務を任せる時には、新入社員のスキルに対して少しだけ高い仕事を任せるのもポイントです。そうすることで、新入社員のやる気を引き出すこととなるのです。