それを社員教育と言いますか?

仕事に関係ない教育を行う事

それぞれ会社や企業は、属している業界が存在しており、専門的な知識が求められてきます。社員教育を行う際、全く仕事に関係ない教育を行ってしまった場合、残念ながら社員教育とは言えません。ただ単に無駄な時間を過ごしているだけなので、参加した社員の能力底上げを期待できなくて、会社にも恩恵を与えません。
せっかく社員教育を行うのですから仕事に関係している社員教育を行わないといけないです。特に社員の能力底上げを行えれば、これまでは活躍できなかった社員も活躍する可能性が出てきます。これまで以上に会社の業績が安定して、多くの給料を社員に支払えるようになったり、シャンに対しては更なる向上心を与えられるようになるので、仕事に関連している社員研修を行う事は重要です。

一人の社会人として活躍できる社員研修

社員研修として能力アップだけではなく、一人の社会人として失礼のないように仕事をしなくてはいけません。社員研修の中には、ただ映像を見せてどのような電話対応や名刺交換などを行えばいいのか教えている社員研修もあります。電話対応も色んな状況がありますし、名刺交換も人数や環境で違ってくる為に気を付けないといけません。
社会人マナーを正しく身につける為にも実践が何よりも大切です。実践を行えば、実際の電話対応の雰囲気や名刺交換の状況を感じられるので、本番でも緊張や不安を感じなくなります。特に新人の社会人に対しては、社会人マナーはとても重要なポイントになっており、必要最低限のマナーを積極的に身に付けないといけません。